英語マスターガイド

英語をマスターするにはどうすれば良いのか?

あなたは、英語を習得したいと思っていますか?

 

日本では、義務教育の時から長い期間をかけて外国語を学んでいきますが、英会話があまり得意ではないと言われています。

 

多くの方々が何とかマスターしたいと考えて教材を複数購入している事、英会話スクールが多数存在していたりする事などがその証拠です。

 

諸外国では、母国語の他に第二言語としてマスターしている人々が多いです。

 

しかし、日本では第二言語としての認識が薄いのが現状です。

 

なぜなら、他国に比べて英語への苦手意識もありますし、その必要性があまりないと言う方もいるからです。

 

また、英語学習に対して特別な意識を持っている方が多いのも事実。「もう大人だから無理」とか「小さい頃から学んでおけば良かった」と思う人が多いですよね。

 

確かに語学を覚えることは、10歳未満の子供の方が比較的早い期間でコツを掴む事が出来ると言われています。

 

しかし、決して大人になったからと言って、母国語以外の言語を覚えられないという事はありません。

 

期間は少しかかりますが、第二言語として覚えることは十分に可能です。

英語をマスターするには色々なやり方があります

ただし、誰もが簡単に覚えられるものではない事も覚悟しなければなりません。

 

短期間で覚えられるような近道があれば良いですが、そんな近道が無いから誰もが苦労しているんだと思います。

 

そこで、こちらではあらゆる習得方法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

様々なやり方やコツがあるので、あなたに合うものを見つけて下さいね。

 

現在では、英会話スクールの数が充実している上に、様々な英語教材が取り揃えられています。

 

独学で学ぶには十分に環境が整っています。

 

あとは、何に対しても言える事ですが、やる気とモチベーションの維持が大事になります。

 

また、自身に合った学習の仕方かどうかも重要になってきます。

 

自身に合った方法であれば、比較的短い期間で覚える事が可能だからです。

 

どんなに良い教材を使用していても、どんなに優れた教室に通っていたとしても、それが自身に合っていなければ習得までの期間が長引きます。

 

もしくは、学習期間の途中で挫折してしまう事がよくある話ですね。

 

そうならない為に、あなたに合ったやり方である事、そして楽しめるものである事が重要になってきます。

 

ちなみに、よく「一番の近道は留学だ」という話を聞きますが、誰もが留学をすれば英会話が上達するのでしょうか。

 

確かにこの考え自体は正しいです。

 

一定期間英語しか話せない環境下に置かれる事で自然と覚えてくるからです。

 

ですが、やはり個人差がある事から一概に近道とは言えません。

 

留学したにもかかわらず現地の日本人とつるんでいる場合には、全く無意味になるからです。これでは近道とは言い難いと思います。

 

ですが、大人になった今でも英語を会得することは可能です。

 

覚えるコツはたくさんあるので、色々と試してみることをお勧めします。

 

お金や学修期間を多く取る事が、マスター出来ない理由にはなりません。

 

コツさえつかめば、割と短い期間で言語を吸収することが出来ます。

 

あなたもぜひコツを掴んで、楽しく学んでいきましょう。

独学で英語を学ぶには?

あなたは、どのようにして英語を習得しようと考えていますか?

 

  • どうやって習得すればいいんだろう。
  • どうやって勉強すればいいんだろう。

 

そう思った時に、誰か英語が出来る人に聞いてみたり、本やインターネットを参考にするのはよくある事ですよね。

 

それらを参考にして、自分で学ぼうとするのはとても良い事だと思います。

 

しかし、あまり人を頼りにし過ぎるのもよくないと思います。

 

何かを学ぶ時、そのやり方には人それぞれ相性があると思います。

 

どんなに他人が「これは良い方法だ」と言っても、それが自分に合うとは限らないからです。

 

これは、恋愛でも同じ事が言えるかもしれませんね。

 

例えば、誰かに男性を紹介してもらったとします。

 

紹介した方はその男性が良いと思っていても、紹介された人にとっては、必ずしもその男性を恋愛対象に思うとは限らないですよね。

 

語学に関しても同様の事が言えると思います。

 

ですが、英語に関しては、このやり方が良いと誰かが言っていても、それが本当に良いのかどうかの判断材料が少な過ぎますよね。

 

そのため、いくら学び続けていたとしても、結局マスター出来なかったというパターンが多いと思います。

 

では、いったいどうすれば自分に合った方法が見つかるのでしょうか。

 

それにはまず大切な事として、学習している時、その方法が楽しいと感じる事が出来るかどうかだと思います。

 

また、学習する為の目的がきちんとあるかどうかですね。

 

こういう事が感じられるかどうかによって、合っているかどうかが分かると思います。

 

勉強は、誰かが助けてくれる訳ではないですよね。

 

やる気は自身で見つけるしかありません。

 

よって、さまざまな情報に惑わされず、最も合ったやり方を見つけるようにして下さいね。

自分に合った習得方法を探してみよう

あなたなら、どんな方法で英語を習得しますか?

 

「どんな勉強をすればいいの?」とよく聞く人がいますが、的確に答えられる方はまずいないと思います。

 

それは何故かと言うと、自分に合っている方法なら何でも良いからです。

 

外国語の学習の仕方には色んな方法があります。

 

「英語はリスニングから」という考え方や、学ぶ際に大切なモチベーションの維持の仕方まで色々です。

 

ですが、いくら文章で「これが良い」と言っても、それが自分に合っているかどうかは個人差があるので分かりません。

 

Aさんには合っていても、Bさんには合っていない事も充分にありえる事です。

 

英語を習得する時に丸暗記して覚える人もいれば、きちんと意味を理解しながら少しずつでも覚えていく人もいます。

 

「あなたにはこれが合っています」と誰かが教えてくれればいいですが、自分に合う合わないという判断は、他の誰でもなく自分にしか分からないことですよね。

 

もちろん、こんな仕方があるんだという参考にするのは良い事です。

 

しかし、結果的には自らこれ!と判断しなければいけませんね。

 

ちなみに、もし勉強をして「つまらない」と思うようであれば、合っていないと思います。

 

逆に「楽しい」と思えるようなら、それこそがあなたに合っているという事になります。

 

もし、本気で英語を習得したいと思っているのであれば、多少の苦労は苦労だと思わないはずです。

 

こうして、少しずつその学習方法に向き合っていく事によって、合っている合っていないが見極められるようになると思います。